【資産実績】2021年8月 (+144万円)

投資

この記事では、資産の運用実績を紹介します。
長期投資の一例として、参考・指標にしていただければと思います。

投資目的・方針

私の投資目的は老後資金の確保です。
また、投資方針は S&P500 インデックスを主軸とした長期の積立投資です。

  • 基本的にバイアンドホールド、売ることは考えない
  • 主戦場は米国株式 ETF
  • S&P500 インデックスへの積立投資を行う
  • 相場下落局面で、追加購入を行う
    コモディティ、新興国株式、高配当株式など、割安であれば何でも

投資目的、方針の詳細は、こちらの記事をご覧ください。

資産の運用実績

現在の資産合計は、約 3778 万円です

運用実績:概要

運用実績:詳細

積立投資の資金は、毎月変わらず 225kJPY (≒2045USD) です。
ETF の購入単位が 約49kJPY ごととなるため、毎月の購入金額は若干ばらついています。

購入は毎月の積立のみで、スポットでの積極的な買い増しは行っていません。
相場が過熱感を持っているように見えるので、しばらく様子見をしています。

8月は米国 FRB の経済シンポジウムにより、相場に大きな変化があるかも・・・の前評判はありましたが、特に大きな動きはありませんでした。

かえる
かえる

でも、さすがに最近は相場が上がりすぎだから、何かのきっかけですぐに下がりそう。

ドル円チャート (USD/JPY)

今月は1ドルが 109 円~ 111 円のボックス相場でした。
極端な円安でも円高でもありません。

かえる
かえる

方向感が定まっていない雰囲気があるんだよね。

ドルインデックス (DXY)、円インデックス(JXY)

ドル円チャートだけだとよく分からないので、ドルと円の価値をそれぞれ見てみます。

このチャートは、ドルインデックス (DXY) と円インデックス (JXY) を重ねたもので、赤色が DXY、青色が JXY です。
ドルインデックスは、複数の主要通貨に対する ドル (USD) の価値を示した指数で、分子がドル (USD) 、分母が複数の主要通貨になっています。

つまり、ドルの価値が上がるとチャートは上がって、ドルの価値が下がるとチャートは下がります。
円インデックスにも、同じ考え方が使えます。

このチャートからも、特に大きな動きはなかったことがわかります。

かえる
かえる

7月と同じで、あまり変化はなかったね。

S&P500 チャート

S&P500 は、8月中旬に約 2.5% の下落がありました。
しかし、そのあとは下がることなく、最高値を更新し続けています。

かえる
かえる

相場がまだまだ強い・・・!

とはいえ、永遠に上がり続ける相場は存在しないので、いずれ大きな下落があると予想しています。

米国株式 (S&P500) の PER 推移

出展:野村證券, 週刊 米国株式展望 (2021年8月16日)

こちらは S&P500 の PER 推移をあらわしたグラフです。
PER (Price Earnings Ratio) は、分子が株価、分母が1株当たりの純利益であらわされた指標で、PER が大きいと割高、小さいと割安と判断されます。

2021 年 8 月の時点で、S&P500 の PER は 21.3 倍と非常に高く、ドットコムバブルの 2000 年頃と同じくらいの水準となっています。

かえる
かえる

今の相場はバブルなのか・・・?

米国株式 (S&P500) の PER とその後5年間リターンの関係

出展:J.P. Morgan, Guide to the Markets, Japan 3Q 2021

次に、S&P500 の PER とその後5年間の平均リターンのグラフを見てみます。
このグラフから、PER が大きくなると5年間の平均リターンはゼロに近づいていることが分かります。

2021 年 8 月時点での PER = 21.3 倍のとき、その後の5年間リターンは ±数%/年 に収束しています。
一方で現在の S&P500 は、今年に入って 20% を超える上昇率になっており、毎月最高値を更新しています。

かえる
かえる

統計的には、近い将来に大きな下落が発生することを示しているよ。

まとめ:短期的な下落に備える

2021 年 9 月の短期方針
引き続き積立投資を行いつつ、下落局面で買い増しを行う

下落局面が来ないので何もやっていませんが、今月も同じ方針です。
先月とまったく状況は変わっていません。

最近の S&P500 は上昇のペースが非常に速いですが、統計的に見ると、今後はこれほどのペースで上昇しない可能性が高いです。

かえる
かえる

・・・と言いつつ、予想を当てたことはあまりないんだけど。

また、私の資産が順調に増えている一方で、相場が割高のため、最近はスポットで投資するタイミングがありません。
したがって、先月と同じように、今月も引き続き積立投資を行いつつ現金を貯めることが、 2021 年 9 月の短期的な方針となります。

かえる
かえる

つまり、何もしない。

ご参考になりましたら幸いです。

コメント